就職支援の制度を上手に活用する3つのポイントとは?

就職履歴書作成のポイントや面接のマナー

就職支援制度の上手な活用

 再就職を目指す人の就職を支援する制度に、不景気が続く今の世の中国が力を入れ始めています。厚生労働省は、就職を支援するために求職者支援制度をつくりました。
 雇用保険を受給できない状態で仕事探しをしている人が、職業訓練を受けて技術を身につけられるようにしているものが求職者支援制度です。

面接の事前準備

就職,転職,履歴書

 転職活動では、必ずあるのが採用面接です。面接を通過することができなければ、良い履歴書を作成することができても、きちんとした職務経歴書ができても転職をすることはできません。
 転職したい企業の面接は一回しかないので、面接は経験を積めばだんだん受け答えや自己PRもうまくなるとはいえ、チャンスを逃すわけにはいきません。大切なのは、重要な面接の日に失敗してしまわないようにあらかじめ準備しておくことです。移動にどのくらいの時間がかかるのか、会社の場所や面接会場までの交通手段を調べておくことが不可欠です。前もってもう一度どのように自分をアピールするか、どんなふうに質問に答えるか具体的な内容も考えて復習しておくようにしましょう。
 既に対策をしているのなら、直前になれば今さら感があるかもしれません。そうはいっても本番になると肝心なことは忘れてしまうことがあるものなので、練習しておくことは大切なことです。大切なのは、自分の技術や転職を希望する理由などを分かりやすく伝えられるようにしておくことです。身だしなみを整えること、忘れ物をしないことなどは基本的に重要ではないでしょうか。
 大事な書類は前の日に用意しておき、シャツやズボンのアイロンも忘れずに。体調を万全に整えて、準備ができたら早めにベッドに入り面接を迎えるようにしましょう。


職業訓練を受けやすくする給付金のこと

 就職制度活用の第一歩は無料の職業訓練を受けることができるようにすること。本人や世帯にどのくらいの収入があるか、現在の資産がどのくらいかによって、職業訓練を受けやすくする給付金が出されます。
 職業訓練によるスキルアップと共にハローワークで就職支援をすることで、就職先が確保できるようにしてもらえます。
 支援の対象者は特定求職者と呼ばれ要件をいくつか満たす必要があります。ハローワークに登録をし、求職中であることや、雇用保険を利用していないこと、働く意欲を持っていること、ハローワークが職業訓練を受ける必要がある人材であると認定していることなどが条件になります。
 ハローワークと連携している民間機関で、職業訓練を受けます。コースの終了までには、三〜六カ月がかかるようです。職業訓練でどのようなコースがあるかは、厚生労働省のホームページからわかります。本心から働きたいと思っている人が、ハローワークの就職支援を使うことができます。就職したいという意欲がある人は、この支援策を利用してみてください。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ